2021年度山岳医療パトロール 黒戸尾根 募集要項

活動の目的

山岳医療パトロール実行委員会(昨年までの日本登山医学会山岳医運用小委員会、以下、当委員会)が主催する山岳医療パトロール活動(以下、本活動)は、毎年多くの登山客を迎える甲斐駒ヶ岳や八ヶ岳周辺において、登山や観光で訪れた方々に対し山岳医療の専門的知識をもって声かけを実施することで、屋外活動中の傷病者の発生予防を目的としています。これにより脱水、低体温、外傷等の予防及び屋外活動における感染対策方法の普及を目指します。
この活動は北杜市の支援を受けて行われています。

応募要件

  1. 医師・看護師・救急救命士(日本登山医学会認定資格保有者が望ましい)
    かつ、以下2〜4のいずれかを満たすこと
  2. 2020年までの山岳医療パトロール参加経験者
  3. 山岳関連組織(各都道府県岳連、山岳会、JMSCAなど)に所属している
  4. WMA野外災害救急法、WMTC(Wilderness Medicine Training Center)、SOLO野外救急法スクール、山岳医療救助機構ファーストエイド講習会等の資格保有者

活動期間

2021年7月3日から2021年10月31日までの土日および祝日

活動場所

尾白川渓谷駐車場:〒408-0315 山梨県北杜市白州町白須1891
観音平駐車場:〒408-0044 山梨県北杜市小淵沢町10065

活動の概要

尾白川渓谷駐車場
土日どちらかの日帰りでの活動となります(希望者は現地に宿泊して2日以上連続の活動も可)。
午前6時に尾白川渓谷駐車場に集合し、入山者数が落ち着くまで甲斐駒ヶ岳、日向山、尾白川渓谷遊歩道へ向かう方に対して体調チェック、危険箇所通知、感染防御のお願いなどの声かけを実施します。同時に感染対策に関するパンフレットを配布しアンケートも実施していただきます。
観音平駐車場
土日どちらかの日帰りでの活動となります(希望者は現地に宿泊して2日以上連続の活動も可)。
午前6時に観音平駐車場に集合し、入山者数が落ち着くまで編笠山、権現岳、八ヶ岳横断歩道等へ向かう方に対して体調チェック、危険箇所通知、感染防御のお願いなどの声かけを実施します。同時に感染対策に関するパンフレットを配布しアンケートも実施していただきます。

費用

活動参加のための往復の交通費および現地での宿泊費は参加者個人の負担となります。また、必要な個人装備、食事、飲料水等は各自でご準備下さい。
ボランティア活動ですので報酬はありませんが、活動中に装着していただくオリジナルキャップをお渡しする予定です。

活動実施人数

参加者2〜3名で実施します。各日で3名を超える参加希望者がいる場合は、認定資格の有無や山岳医療活動の経験の有無により、当委員会の判断で参加者を選定します。条件が同等の場合は応募の早い順とします。
参加希望者に日本登山医学会認定山岳医・看護師の資格保有者がいない週末は原則として活動を中止します。
各日において、参加者のうち日本登山医学会認定山岳医・看護師の資格保有者1名をリーダーに任命します。認定資格者が複数いる場合は、国際資格保有者、当山岳医療活動の参加経験者、登山経験の豊富な者を優先的にリーダーとして選定します。リーダーの選定は当委員会が行います。

応募方法

以下のリンクより応募フォームへアクセスし、必要事項を記入して送信してください。

<応募フォーム>

応募期間:2021年5月〜同年10月

応募締切:参加を希望する各週末の直前の月曜日17時まで。ただし、各週末の枠は2〜3人と少ないため、早めの応募をおすすめします。
例)7月27〜28日に参加を希望する場合は、7月22日(月)の17時までに応募フォームに必要事項を記入して送信して下さい。

注意事項

山岳医療パトロール実行委員会 
代表 稲田 真 
副代表 力武 創 
連絡先:info@montmedpatrol.jp 

<戻る>